妙義山 中之嶽神社

日本一のだいこく様がいる神社 / やる気、元気が出るパワースポット

中之嶽神社便り

バックナンバー
2018/01/01謹賀新年
あけましておめでとうございます 皆さまが良い年でありますようお祈り申し上げます 運気上昇の社 宮司 工藤 貴弘
2017/12/31御朱印について
1日・2日・3日は書き置きでの対応となります お正月特別朱印(300組限定・2社で600円)のみとなります よろしくお願い致します

新着情報 - お知らせ

">RSS List
中之嶽神社について 創建819年 / 祭神  日本武尊 外十六柱 祭典 十月十五日
本社は往昔元『波胡曽神』(はこそかみ)を山の主と祭られていましたが、倭建尊(日本武尊)が勅命に依り関東御巡行の際に 妙義山に登嶽したと伝えれております。

中之嶽神社について 創建819年 / 祭神  日本武尊 外十六柱 祭典 十月十五日

本社は往昔元『波胡曽神』(はこそかみ)を山の主と祭られていましたが、倭建尊(日本武尊)が勅命に依り関東御巡行の際に 妙義山に登嶽したと伝えれております。

大和時代の第二十九代欽明天皇(在位539-571年)の御代に妙形氏が社殿を建立、平安末期、第八十二代後鳥羽天皇の寿永二年三月(1183年)藤原祐胤卿が鍛冶の名工を得て神剣を奉斉いたしました。江戸時代に入ると、第百八第後水尾天皇の元和二年丁巳月(1616年)、加藤長清(道士)が登厳し中興の開山主として神器を守り奉斉し、諸大名が崇敬を寄せ、小幡藩主織田筑前守信久侯が社殿を改築、中之嶽奉行を設け地所を寄進いたしました。 第百十四代中御門天皇の享保五年五月(1720年)、嵯峨御所より十六葉菊御紋付の幕、提灯を下賜せられ、小幡藩の鎮守社として奉斉され、織田家の後に入封した松平家の崇敬も篤く親祭されました。 詳しくはこちらから

image
中之嶽神社について 創建819年 / 祭神  日本武尊 外十六柱 祭典 十月十五日
本社は往昔元『波胡曽神』(はこそかみ)を山の主と祭られていましたが、倭建尊(日本武尊)が勅命に依り関東御巡行の際に 妙義山に登嶽したと伝えれております。

中之嶽大国神社甲子祭りについて だいこく様があなたを守り導く

甲子大国主命様(だいこくさま)をお祀りする神社です。 約三百年もの間、欠かさず斎行されて来た最も重要なお祭りが甲子祭(子の日・子の刻参り)です。

甲子とは「気が栄える」と言い、 だいこくさまのご利益を戴き運気が高まる日です。 ぜひ一度お参りください。

妙義山 中之嶽神社
〒370-2621 群馬県甘楽郡下仁田町大字上小坂1248 (GoogleMap)
妙義山中之嶽神社社務所内・大国神社甲子構本部 (工藤)
TEL:0274-82-5671 FAX:0274-82-2881 詳しくはこちらから

imagefigure

運気上昇 / 金運上昇

・家内安全 ・商売繁昌 ・厄除け ・病気平癒 ・家族健康 ・交通安全 ・開運吉祥 ・方災除 ・心願成就 ・合格祈願 ・良縁祈願 ・社運興隆、その他、お気軽にご相談下さい。

参拝した証や、お札と同様のものです。
スタンプ帳ではないので大切にお持ちください。
中之嶽神社、甲子大国神社、2社で600円 ミニだいこく様をプレゼント! 御朱印帳について / オリジナルの御朱印帳です。表は桜と紅葉、中心にだいこく様、裏には妙義山が入っております。 / 朱印代込み 2,000円